英国式15分家事術―少ない手間でスッキリきれいに暮らす方法より「まめ子さん」方式のわたし

英国式15分家事術―少ない手間でスッキリきれいに暮らす方法
佐藤 よし子 大和書房 2005/08 ¥1,470

著者の方は貿易商の家庭に生まれ英国のフィニッシングスクールの講師養成を目的に創立された「ザ・イーストボーン・カレッジ」に留学し英国式家事全般を学ばれました。

毎日15分だけ…

ぜひ,お読みください・・・・

でも,私が実践できそうなのは

「いつか使うかも」→「一生使わない」
「あればきっと便利」→「なくても困らない」
「やっぱりモッタイない…」→「結局は邪魔」

です。

本の中で家事を軽減するアイテムとして
「食器洗い機」
「乾燥機」
が登場。
でも,我が家にはないものです。
確かに食器洗い機に洗ってもらっているうちに他の家事ができる。
洗濯物も生乾きのものを乾燥機にかければ,その日のうちに片付くと思う。

食器は自力。
洗濯物も自然乾燥なので,乾きが悪い時は,1日以上居間にぶら下がっています。
ランドリーにあたるスペース(脱衣・洗面・洗濯機置き場)に洗濯物を干すポールが2本ありますが足りませんので・・・・

「ワイシャツはクリーニング」
これも,洋画を見ながらの自力。

「玄関をきれいにする六つのコツ」

①靴をしまう
②上がり口に置きっぱなしのモノを元の場所に戻す
③たたきをはく
④靴箱の上を拭き,スペースがあれば季節の花か小物を飾る
⑤ドアとノブを拭く
⑥香りをプラス

わたしが実践できるのは,②③⑤⑥

靴をしまう…雪かき後の長靴が多い時は3足でているし――。
乾かないうちに仕舞えない…っといいますか,
全部のスノーブーツが収納できない…
夏場は別のところに収納してあるから。

それに,車の雪を落とすブラシや氷割りのステッキなどが玄関に置かれています・・・・

我が家は壁一面靴箱…でも,そういった毎日使用する生活雑貨(冬場の雪かき関連グッズ)を収納すべきスペースなし…

フィニッシングスクールが必要な方にはぴったりの本だと思います。
が,冬場,自力で1日に何度も雪かきして汗まみれ~でメイクしても取れちゃう~~生活のわたしには,「英国式15分家事術」は
ある意味,憧れの生活…と言えるでしょう。

それでも,実践できそうなものはきょうから実践していこうと思います。

で,数年前,リフォームした時以来のキッチン見直しで,
今回,大幅にモノを捨てる事にしました。
さらに,リビング(我が家ではではファミーリルームも兼用)の置かれているモノを収納するためには収納スペースを確保しなといけない。

でも,我が家は,学校の「靴箱」状態…
学校へ行った時は,外靴を入れたら上履きを出し使用。
帰る時は,上履きをしまい外靴を履いて帰る…方式…

それを,やめるには,やっぱり,(今)使わないモノは捨てる!!
捨ててしまった後で,アレどうした~?なんてことになってもね。

で,只今,片付け中・・・・

ホント,わたしには15分家事は向かないなぁ。
まめ子さんが来た時に,せっせとガンバル!

メープル流お方付け術はまめ子さん頼り???

①すっきりさっぱり,未練(使わないモノ)を捨て新しい未来に向かう努力をする!

②お風呂の翌日にはお洗濯

③まめ子さんが来た時には,全ての鍋類を磨く(毎回使うたびに磨いていたら,それだけで1日が終わるよ,ホント!)

④我が家は毎週日曜日にはピアノの先生がいらっしゃるので,
毛ばたき・はたき(モコモコのやつ)・掃除機・フローリングのつやだし作業。
けっこう,きれいな日曜日♪

で,月曜日はモップのみ。

⑤週の途中,なんとなく,気分的に汚れてきた感じの時に掃除機をかける

⑥家事はまとめてドーンとする。
しなけりゃいけないものだけして,自分の時間を捻出する…

なんだけどさ~,食器洗い・洗濯・雪かき・掃除・片付け・料理…していたら
座る暇もなく1日が終わる…って日がある…

これって,ただ単に手際が悪いのか????

どうでもいいけど,疲れてるんですけど~~~~
[PR]

by kmaple | 2006-01-30 17:05